ドラクエ10  金策マニアによるゴールドカンスト勢輩出ブログ

裁縫 その他職人の数値と手順、ドラゴンクエスト10攻略情報

スポンサーリンク

ヤフオクの規約改定でRMT市場縮小へ

   

こんばんは。

4月からヤフーで規約の改定があるみたいで、電子データ(つまりゲーム内の通貨など)の取引が禁止となるようです。

以下公式より。

いつもヤフオク!をご利用いただきましてありがとうございます。

ヤフオク!では、当社が不適切と判断した商品の削除を行っておりますが、このたび、ゲーム内のキャラクター・アイテム・通貨などの電子データおよびゲームアカウントを出品禁止物として明示することとしました。

【改定内容】
ヤフオク!ガイドライン細則
B.出品禁止物
42.ゲーム内のキャラクター・アイテム・通貨などの電子データおよびゲームアカウント

【改定予定日】
2018年4月2日(月)

ヤフオク!は、これからもご利用の皆様により良いサービスを提供してまいります。
今後ともヤフオク!をご愛顧くださいますようお願い申しあげます。

というような感じです。

ドラクエ10は以前yahooゲームでも提供されていたんですが、当時はRMTやりたい放題でそれに関してスクエニとヤフー側で折り合いがつかなかったためサービスが終了したというウワサがあったぐらいスクエニにとっては頭の痛い問題で(実際の事情は知りませんが)、今回のヤフー規約改定はゲームの健全化という意味ではかなりの好影響となるはずです。

※RMTとはゲーム内の通貨やアイテムをリアルマネーで取引する行為のことで、ドラクエ10では禁止されています。

 

ラムターの動向

ラムター(RMTする人)は、買い手売り手ともにかなり淘汰されるでしょう。

というのも他にもモバオクやメルカリなどRMTの場はあるのですが、ヤフーオークションに比べると規模が小さいので、ただでさえ下火になっているドラクエ10のゴールド市場が更に縮小してしまい、遊び半分程度でRMTしていた方は、このタイミングで足を洗うのではないでしょうか。

規模の問題だけでなく、メルカリは一律で一端お金がシステムにプールされる仕様なので恐らくRMTには不向きで、わざわざ他サイトに移行する筋金入りのラムターは今のドラクエ10では個人ではいないと思います。

 

業者は別

大手業者は、自社サイトで売り買いできるので譲渡する手段に影響ありませんが、ヤフーの手軽さは売り手だけでなく、買い手の呼び水にもなっていたので、やはり影響は避けられません。

買い手がいないとなると業者も最悪店じまいとなる展開もあるかもしれません。

 

もう少し早ければ

願わくばヤフーの規約改定ですが、もう少し早い段階だったらと考えてしまいます。

プレイヤーのモチベーションもそうですし、あとは今の経済状況は業者ありきのバランスになっているので、業者が本気で撤退してしまったときにどう動くのか怖いものがあります。

業者やRMTについては、存在しないに越したことはないものの、一旦体系に組み込まれてしまえば取り除く事が難しくなる条件付きの必要悪と考えているので、ゲームとしてとっくにピークを過ぎている今この状態での大粛清は果たして大丈夫なのでしょうか。

次回はRMTに手を出しにくくなることが経済に与える影響について考えてみる予定です。

 - 提案広場紹介, 雑記