ドラクエ10  金策マニアによるゴールドカンスト勢輩出ブログ

裁縫 その他職人の数値と手順、ドラゴンクエスト10攻略情報

激論! 転売vs職人

   

001_c3436ba55a4388d976444f3fd0dd2002

どうもこんばんは。

今回はドラクエ10における金策として最も効率が良いとされる2つの手段、転売と職人について、どちらがより優れているのか、比較してみたいと思います。

尚、ダイスをはじめとするギャンブルの胴元が、経済ピラミッドの頂点にいるんでしょうが、あまりに特殊ですしなんだか怖いのでそこには触れず、一般プレイヤーでも気軽に足を踏み入れる事ができる転売と職人についての考察となります。

 

継続力・総量

時間関係なく、どれだけ稼げるかという観点でいうと、職人に軍配が上がると思います。

簡単にいうと職人は基本的に常にやり続けられますが、(売る時間は必要です。)転売は、商材を寝かせる期間が必要であったり、経済が停滞していると動き難かったりと、休みなく行う事は難しいです。

更に職人はいつでも稼げる強みがあるので、例えば今から1億稼いでくださいと言われても、熟練職人であれば1週間程度で稼ぐ事が可能です。

 

効率・爆発力

これは転売だと思います。

時給換算は難しいですが、もろもろ考慮すると、職人がせいぜい時給500万ゴールド程度であるのに対し、転売は時給数千万ゴールドすらあり得ます。

職人でも錬金だと運が良いと爆発力はありますが、平均化すると生産とさほど変わらないでしょうし、やはり転売には及びません。

最近だとダークキング戦において必要となる耐性が毒であることを、事前に知る事ができました。あの時大きく動いた人は短時間で10億ゴールドレベルの利益を得ていてもおかしくないはずです。

 

準備・お手軽さ

これはどっちもどっちだと思います。

転売は職人で要求されるようなミニゲームスキルは必要ありませんが、とにかく大金が必要です。最低でも1億G以上は必要なので、単純にゴールドを貯めるのに手間がかかります。

普通のプレイヤーであれば、転売に必要な金額が溜まった時点で実はそれ以上あんまりゴールドが必要じゃ無いという一面もあります。

職人は転売ほど元手はいりませんが、職人のミニゲームに慣れる必要があります。それほど難しくはありませんが、生産であればいくつかの数字を覚える必要はあるので、ある程度の準備期間はやはり必須です。

ということでこれは引き分けとします。

 

癒着度

運営はどちらを大切にしているか、これは職人だと思います。リッキーが考えたシステムらしいですし、死にコンテンツとなるような緩和は今のところありません。

転売は、基本的に経済はインフレなのでそこは頼りになりますが、運営の気まぐれに左右されやすいです。リスクなんて無いと虚勢を張る転売勢もいますが、私は少なくとも職人よりリスクはあると思います。

 

総評

いろいろひっくるめると私は職人の勝ち、職人こそが最強の金策だと思います。

転売は短時間で稼ぐ事には向いています(といっても元手を貯めるのに時間は必要)が、継続的にやり続けるのがかなり難しいので、ウサギと亀じゃないですが、最終的に稼ぎが大きくなるのは職人なはずです。

 

3.4前期のアプデから1か月以上がたちました、過去の記事でも触れましたが熟練職人であれば5億以上稼いでいる人はかなり多いはずです。

対して転売ですが、大きく値上がりした天竜草の転売で5億稼ごうと思ったら5キャラ以上の倉庫すべてに天竜草を仕込んでおく必要があります。

そんなやついると思います? いや中にはいるのかもしれませんが、突出しすぎた例は集団の比較において参考にならないと思うので、長期間においての利益では職人が一歩リードしているんじゃないかと思いました。

といっても、転売には転売の良さがありますし、競合はしないので職人と並行して行う事は簡単です。

これだけ比較しといて元も子もないですが、どっちもやるのがベストです、どっちもフレキシブルにがんばりましょう。


オンラインゲーム ブログランキングへ

 - 職人, 転売, 雑記