ドラクエ10  金策マニアによるゴールドカンスト勢輩出ブログ

裁縫 その他職人の数値と手順、ドラゴンクエスト10攻略情報

スポンサーリンク

結晶相場を考察

   

kesshou

アプデを控え様々な素材や装備の相場が上下していますが、以前から転売商材として幅を利かせていたのが結晶です。

転売商材としての結晶ですが、必要数が多いため回転率が良さが1つの大きな特徴です。売ろうと思えばすぐ売れるので、在庫でダブつく心配は一切ありません。

 

そんな結晶の相場はここ数日で以下のようになっています。%e7%b5%90%e6%99%b6※ドラクエ10・相場完全データさんありがとうございます。

本日10月1日17時30分現在は、99個の1スタックで1つあたり2940Gでした。

しばらくこの価格帯を推移し、新装備の情報が出次第さらに上下、アプデ直後は供給過多で停滞し、その後は需要と供給の綱引きで上下する、というこれまでと同じ流れになると思います。

では、転売商材としての今回の結晶の良い点、悪い点について考えてみたいと思います。

相場の原理として、供給量を需要が上回ったときに価格が上がっていくという基本構造がありますので、そのバランスを中心に考えてみました。

 

プラス材料

・回転率が高い。先ほども述べましたがすぐに売れます。売り切ることに労力を割かなくていいのは大きな利点です。

・ローリスク。これは単純な相場だけでなく、運営が結晶金策をある程度保障しているであろう点にも起因しており、爆死することは考えにくいはずです。(例えばマデュライトなどはナドラダイト鉱石のキラマラハズレ枠になり相場的には爆死しました。)

・職人勢は自分で使える。1、2万個程度であればすぐに使いきれます。バザー手数料と手間賃に対し利益が少ないのであれば使っちゃいましょう。

・防具は大量に結晶を使う。武器と違い防具は各部位に装備があるので一式揃えるまでに相当数の結晶が消費されます。

インフレ。これは結晶に限った話ではありませんが、スライムレースなどでゴールドばら撒きがありインフレ待ったなし状態です。

・ちゃぶ台返しはおそらく無い。新装備の必要結晶量を減らす、結晶店売りなどのちゃぶ台返しは、ドラクエtv後なので今回はないでしょう。

 

マイナス材料

・ローリターン。ローリスクですので当然利益も低いです。1つ1000G上がったとしても1スタックで10万ゴールド、1キャラフル活用の150スタックで1500万G程度の利益しか出ません。

・装備の需要。武器が一番売れるのは新武器追加のタイミングですが、防具に関しては、強いボスが追加された際一番売れるという特徴があります。大きな装備バブルにならなければ値上がりもそれなりで頭打ちでしょう。

・埋蔵量。ダークキング以降経済に大きな動きがなく結晶を手放すタイミングを見失ったプレイヤーが大量に結晶を抱えている可能性はあります。

・業者の存在。結晶が上がるかどうかは、つまるところこれにつきます。業者がどの程度生存しているのかというタイミング次第で結晶の埋蔵量、供給量がかなり変化してくるでしょう。

 

前回の防具追加時

前回の新防具追加時はどうだったかというと、アプデ後結晶は全く値上がりしませんでした。

ただこれは新防具の需要云々というより、必要素材となっていたナドラダイト鉱石と天竜草の供給が職人の消費量に全く追いつかず、それにより結晶も消費が抑えられた、というのが一番の理由でした。

 

総括

いろいろと言い始めればキリがありませんが、個人的に上がる要素のほうが大きいと感じており、今回は損する可能性は低いのではないのかなぁと思っています。私は結晶は上がると思います!

ただ結晶は薄利多売なので、その労力と使用した倉庫をほかの商材に投資しておけばもっと利益は出ていた、なんてことになりそうで相対的に考えるとそんなに美味しい商材でもない気もしています。

ズバリ、アプデ数日後は3200~3500Gになると予想します!!尚私は結晶は買いませんw

サバ1などへ行ってみると過疎化を痛感しますが、アプデで活気が少しは戻るといいですね~


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

 - 転売, 金策