ドラクエ10  金策マニアによるゴールドカンスト勢輩出ブログ

裁縫 その他職人の数値と手順、ドラゴンクエスト10攻略情報

スポンサーリンク

不具合発見におけるスクエニの体質 これは僕が悪いのか?

   

スクエニ

実は私、以前不具合を発見したことがあります。その不具合はスクエニが公式に認め、不具合と修正の内容も公式サイトで発表されていたのですが、少しそれに関して思うところがあったので紹介します。

不具合を発見したゲームはスクエニのモンスターパレード(以下モンパレ)というブラウザゲームで、今あるどこパレのPC版(モンパレが先)のようなものです。モンスターパレードというゲームは、http://ドラゴンクエスト10.net/2016/05/24/post-957/で記事にした事もありますが、所謂ガチャゲーです。

発見した不具合と、修正の内容が発表されたスクエニの公式サイトは、http://www.dqmp.jp/info/7695  にあり、こちらの最後の項目、「だいぼうぎょ」という技についての不具合です。

以下公式サイトから引用、

●11月4日(火)のアップデートにて、とくぎ「だいぼうぎょ」の機能修正を実施いたします。
修正内容は下記のとおりです。
<修正前>
特性「2回行動」を行うモンスターに対して、1回目の行動で「だいぼうぎょ」を
使用すると2回目の行動開始時に効果が切れてしまう。
<修正後>
2回行動が完了するまでを1ターンとし、
次のターンの行動開始まで「だいぼうぎょ」の効果が切れないようになる。
併せて、同一ターン内で「だいぼうぎょ」を2回以上使用しないようになる。

 

という内容です。

「だいぼうぎょ」という技は一度だけ相手の攻撃を無効にすることができる技で、一撃死当たり前のモンパレのバトルでは非常に有効かつトリッキーな技(ドラクエ10でいうならボディガードや天使の守りのような使い方)だったのですが、この技を2回行動のモンスター(魔王等の1部モンスターの特性)に使わせた場合、1度目の行動で大防御を使った場合、2回目の行動の際に「だいぼうぎょ」の効果が切れてしまうという致命的な不具合を孕んでいました。

次のターンまで攻撃無効にするから意味があるのであって、2回連続行動する際に効果が切れてしまっては使い物になりません。ですのでこの大防御で戦略を考えていた私はこの期間中、大幅なプラン変更を強いられる事になりました。

しかし、ゲームに不具合はつきもので、その不具合そのものは仕方がないと私は受け入れました。問題はスクエニの、後対応についてです。そこで私はスクエニに落胆する事になります。

事件の始まり

まずモンパレにおいて特技を覚える工程、をご説明する必要があります。モンパレはモンスター固有の特技があるのですが、それを伝承によって任意のモンスターに覚えさせる事ができるシステムがあります。

そして特技とは別に例えばメラ半減、メタルボディといった固有の特性もあるのですが、特技と違い特性は伝承で引き継ぐ事ができません。つまりモンパレでは特性の強いモンスターに良特技を伝承させていくのが王道戦略なのです。そして強い特性というのはハッキリしており、メタルボディ2回行動の特性を持つモンスター、これがモンパレでは最強の特性でした。

特性と違い、特技はそれぞれのプレイヤーで個性がでる部分であり、私は2回行動を持った魔王モンスターに「だいぼうぎょ」を覚えさせ計画をたてました。目的はデコイ(攻撃を引き寄せる囮役)とサポート役(バイキルトやザオリク)を一匹のモンスターで兼用させるためです。

モンパレは戦闘に使用するモンスターの数に制限があり、作戦を戦闘中に変更できないため、デコイとサポートの兼用は枠に1つ余裕を生む事になり大きな意味があるのです。実際しばらく後にだいぼうぎょは猛威を振るうことになります。

伝承とは

通常は目的の特技をうまく伝承できるのは5%程度運ゲーです。ただし特定のアイテムを使えばその確率を上げることができ、そのアイテムというのが奥義の書と超奥義の書、になります。奥義の書を使うと25~100%、超奥義の書を使うと特技を指定、つまり100%で特技を伝承することができます。

そして伝承に使ったモンスターは消えていなくなり、特技を覚えさせたいモンスターだけが残ることになります。

私は、奥義の書を使用(25%)し「だいぼうぎょ」を伝承開始、運よく1度目にだいぼうぎょを魔王に覚えさせる事ができました。(運が悪ければ10回近くの伝承が必要になる場合もあります。)そして不具合が発生し私はスクエニに問い合わせる事になります。

スクエニ大丈夫か?

スクエニからは不具合の確認と謝罪のメールがあったのですが、魔王が大防御を覚えていても無意味なので私は補填を求めました。ここで私とスクエニに見解の相違が生まれます。スクエニの提案は「魔王から大防御を忘れさせる」「伝承に使って消えたモンスターの補填」「奥義の書の補填」、の3つでした。

これっておかしくないですか?魔王から大防御を忘れさせる、これはいいでしょう。伝承に使って消えたモンスターの補填、当然とはいえこれも文句はありません。私が引っかかったのは「奥義の書の補填」についてです。

先に述べたように、奥義の書も運ゲーなので、私はこの場合運よく1発目に「だいぼうぎょ」を伝承できただけで、奥義の書だけもらっても、次に同じように「だいぼうぎょ」を覚えさせられるとは限らないのです。

これドラクエ10で言うとリーネで合成の際、会心の合成が発動して好きな効果が付けれる状態になったものの、伝承後に不具合発生。スクエニから以前の状態に戻すと提案があったものの合成代金と消えたアクセサリーだけ補填されるようなものです。ここは会心の合成まで保証してもらわないとおかしいと思いませんか。

現実で例えてみましょう、例えば宝くじでいうと1度クジがあたったもののシステムに不具合発生してやりなおし、くじだけ補償されるようなものです。一旦当たったのですから、もうクジで当たった金額を保証しないとおかしいですよね。多分法律でもそうなっているはずです。

ですので私は、対象の魔王モンスター、特技は大防御、それ以外には使わないとの超条件付きで超奥義の書の補填を求めました。

と私は何度か説明、要求したのですが聞き入れてもらえませんでした。スクエニがサポートで不具合を認め、更に補償までしてくれるのは実は珍しい事らしいのですが、私としてはどうにも納得できず、ガチャゲー乱発と並んでスーファミ時代に抱いていたスクエニのイメージが少し変わってしまうきっかけになりました。

スクエニとエニクス、合併前は本当に大好きでした。ほか弁とHOTMOTに分裂する前のほか弁も大好きでした。

もしかすると私をクレーマーかのように思ってしまう読者の方もいるかもしれませんがw、私は現実でもネットでもかなりの事は許容して受け入れるタイプだと思います。温められた弁当の中でソースが破裂するぐらいは構わない度量なのです!

それでも上記の対応はどうしても納得できず、食い下がって異議を唱えてみたものの相手にされなかったという経緯を皆さんはどう思うか少し興味があり紹介してみました。

長文失礼致しました、お時間あればアンケートでどう思うかお答えいただければ幸いです。

 - 雑記