ドラクエ10  金策マニアによるゴールドカンスト勢輩出ブログ

裁縫 その他職人の数値と手順、ドラゴンクエスト10攻略情報

スポンサーリンク

3.3新武器 短剣、天河のジャンビーヤ  打ち方と数値 【ドラクエ10】

      2016/05/26

短剣

短剣2

アプデ直後、といっても少しログインが遅れましたので11時半頃ですかね、まずは武器鍛冶で短剣、天河のジャンピーヤを打ちました。武器鍛冶のレベルを上げるのは面倒そうだったのでレベル50のまま打てそうな短剣を選択しました。

1ハンマーだけ打ったのですが、かなり運がよく大成功18回ぐらいでした。ナドラダイト鉱石は買い込んでいた分で作ったので、正確な純利益は分かりませんが、1500万ゴールドぐらいは稼げたと思います。

※私はアプデ直後だったので、レベル50で打ちましたが、今はせめてレベル52まで上げて上下狙い打ちは覚えたほうがいいかもしれません。

 

基準値ですが、私が確認した範囲内の数字は下記の範囲です。あくまで目安としてご利用ください。

地金は倍半です。       (200℃ごとに倍半が交互にきます。1600、1200、800,400で倍、1800、1400、1000、600,200で半減)

A 400ー406  (398は枠内に入らず)
B 481ー494  (479は枠内に入らず)

打ち方は幾通りかあると思います。私は、1600度まで上げて、1450度までみだれ打ち、1450度で再度火力上げ、その後は1600度と1200度の倍ターンと1000度の半減ターンを、うまく運用しできるだけ多くの狙い打ちをトライする手順で作りました。

更に温度をあげ、1800度の半減ターンを熱風で回避しながら削っていく手順の方も多いと思います。

上下ともそれほど基準値が偏っていないので、上下狙い打ちと相性が良さそうです。逆算し上下狙い打ちのため均等に削っても良さそうです。何れにせよ集中に余裕はあるので、熱風と温度の調節は積極的に行って大丈夫です。

 

ポイントは1600℃と1200℃での倍ターンの削り数値と1000℃半減ターンでの数値、

1600℃・・2倍数値が32~47なので64~94

1200℃・・2倍数値が27~40なので54~80

1000℃・・半減数値が6~9なので12~18

この数値と暫定基準値までの距離をうまく調節しながらアプローチしましょう。今のところは飛ぶように売れます。

ドラゴンクエストX ブログランキングへ

 - 職人