ドラクエ10  金策マニアによるゴールドカンスト勢輩出ブログ

裁縫 その他職人の数値と手順、ドラゴンクエスト10攻略情報

~釣り~ 300万ゴールド報酬までの最短攻略①諦めるべき魚

      2016/05/04

釣り5

面倒だったので釣りは最近まで放置していましたが、ついに釣り報酬を全てゲットしました。報酬は魅力的だったのでもっと早く手を付けたかったのですが、一度レンドアの南でやってみて、あ、これは無理だと思ってレベル1で放置してました。

今回釣りに手をつけたきっかけは、別アカウントのキャラも氷の大陸まで進めたので2垢なら700万程度の収入にもなり、それならば更に美味しいと思い腰を上げました。

私なりに、この面倒な釣り攻略の流れをいくつかのポイントを踏まえながら解説してみます。

大まかな流れなのですが、まず最終的にレア魚を釣るには闇の釣り竿改、天使のルアーがほぼ必須なため、釣りレベル15以上に上げる必要があります。つまりレベル上げも平行して行っていくほうがより効率化できます。

かなり運に左右されますが、私は1からはじめて8時間程度で終わりました。二日で終わらせたのですが、初期段階は釣り老師の依頼がかなり経験値的においしいため、依頼を消化しながら数日にかけて釣りを行えば更に時間は短縮できると思います。

まずレベル1~レベル5までは、じょうぶな釣り竿、ぎんのルアーしか装備できません。釣れる魚も限られますので釣り老師の依頼をこなしながら適当な魚を釣りつレベルを上げます。結構面倒なので釣り老師の依頼で上げることを推奨します。

レベル5~レベル10は、きれいな釣り竿とプラチナルアーです。ポイントはここでクラウンローチを釣ってしまうことです。後々まで放置しても意味はないため、早い段階で釣るほうがいいです。

レベル10~レベル15闇の釣り竿とマデュライトルアーです。ここのレベル上げは本当に面倒でした。私はコルット地方北東の湖でレベル上げをしました。

レベル15~20で、最難関のいくつかの魚を釣り上げます。使用する道具は闇の釣り竿改天使のルアーです。ただしヴェリナード領南に生息するジンベエザメだけは炎の釣り竿改です。闇改でも運次第で釣れるらしいですが炎改のほうが大分楽です。ジンベエザメだけのために炎改を買うのは少しもったいない気もしますが、★2で釣れますし闇だと基本的に逃げられます。

 

あきらめるべき魚

全報酬を得るには、67種中65種釣り上げる必要があり、2種類の魚しかスルーすることはできません。どの魚を捨てるのかなのですが私はフウセンウナギ、テムノドントを推奨します。まずフウセンウナギですが生息エリアで高い道具を装備し釣りをしていると結構赤字になるからです。

ただテムノドントは状況次第です。というのもテムノドントが生息するエリア(白霜の流氷野)にはサカサナマズもおり、絶対に行く必要はあるので、そこで少し粘ってみて釣れればラッキーのスタンスでいきます。この場所も高い道具ですと、魚の報酬がショボく赤字ですのでほどほどにしましょう。

シーラカンスとブルーナポレオンは同じ場所で釣れる上、闇の釣り竿改と天使のルアーでも、トントンか黒字ぐらいで消化できますので、最低どちらかは釣る方がいいです。テムノドントを釣り上げていると、ここで釣るのが1種でいいためかなり楽になります。

その他のレア魚はオウムガイとエラスモサウルス、この2種も同じ場所(白霜の流氷野)で釣れ、赤字も出ないためこの2種は釣ることにしました。リュウグウノツカイの生息エリアも採算のとれる場所でしたので私は釣る事にしました。

 

次はどの場所を経て65種釣り上げたか、適正な釣りレベル帯、装備と合わせて具体的に説明したいと思います。

 - 釣り