ドラクエ10  金策マニアによるゴールドカンスト勢輩出ブログ

裁縫 その他職人の数値と手順、ドラゴンクエスト10攻略情報

今日の風虎 8割 3の処理

      2016/05/23

風虎3-2

風虎3縫うときは15着単位で縫っています。今日もなんとか風虎のうでわを8割で縫えました。当然調子の悪い時もありますのでいつも8割で縫えるわけもなく、それどころか7割すらいっていないですし、多分私では無理です。ただ風虎から本格的に再生に手を付けたのですがその時は6割弱で、その時より成功率は上げる事ができており、利益だけ見れば何ら不満はありません。(ただ職人中のストレスはもうどうにもなりません。分かっていても滅茶苦茶イライラします。)

毎日職人をやっているわけではありませんが、普通のプレイヤーが悪い意味で引く程度にはいろいろ装備を作っており特に裁縫を中心にやっているのですが、結局は数字の出目に左右されるところもあり、プレイヤー側の選択ではどうにもならない時も非常に多いです。例えば単純に、風虎5-6割相場なんですが30着中3着が狙い縫い成功か否か1割最終的な成功率が変わってきます。これはもうどうにもならない部分で割り切るしかありませんが、調子の悪い時にそれを念仏のように言い聞かせると少し効果があります。


 

さて今日は再生における3の処理について自分なりに解説したいと思います。まず普通縫いによる処理、これが定石です。15-18と再生戻りで誤差0も期待できますし野良会心以外は必ず再生を発生させることができますので、その後の手順も組み立てやすいです。

 

弱いによる加減縫い、これは最後の調整以外はまず使わないです(体上は例外)。道中、再生前に3残しで弱いとなった場合、加減縫いでなく通常縫いで処理します。ですので隣接する箇所に7-9があった場合迷わず巻き込んで縫っていきましょう。

ただ6.10.11.12の場合再生ターン如何では、次々回の再生で処理できるケースと3に6.7が出た場合その箇所に再生が発生しませんので状況次第ですが単縫いにするケースもあります。再生の有無が出目によって変わってしまうケースの時は、どちらでも対応できるようにしておきましょう。特に最後の調整時は要注意です。

 

あとは最強の加減縫いによる3の処理、これは終盤の?で最強を引いた場合によく使います。最強加減縫いの出目は12.14.16.18(12が1/7、14.16.18が2/7)ですので相性は悪くありません。最後に強いによる処理ですが強いの加減は9.11.12.14ですのでそれほど相性が良くありません。

どういうパターンにせよ再度の調整が必要になる事がほとんどですのでできれば避けたいところです。(強いの加減は-2と相性が悪くないです。逆に最強加減は-2には危険です)

 

という事で、ふつう縫いによる処理が基本であり理想なのですが(勿論3を作らないに越したことはありませんが、そういうわけにもいきません)、隣接箇所に12や13がある場合3を単縫いで処理するのか、12.13も巻き込むのか、についてですが序盤であれば私は巻き込んで縫ってしまいます。

弱いにおける6と違いターゲットの数字が出る確率は変わりませんし、-2ができても普通の後に弱いが来る配列がほとんどですのである程度は対応できます。

 

慣れてくれば再生箇所が2か所できてもある程度は調整可能ですので再生箇所2か所程度であれば対応できるようにしておきましょう。選択肢が広がります。勿論例外的な手順ではありますので基本は再生箇所は0~1箇所のまま進行しましょう。以上本日の適当解説でした。

ドラゴンクエストX ブログランキングへ

 - 職人