ドラクエ10  金策マニアによるゴールドカンスト勢輩出ブログ

裁縫 その他職人の数値と手順、ドラゴンクエスト10攻略情報

アンフィスバエナ  数値 打ち方 木工職人

   

アンフィスバエナ

邪神の宮殿の3獄で討伐条件(2/9まで)となっているのアンフィスバエナを彫ってみました。本来ならあやかしの魔弓なんでしょうが、あやかしは★3でも利益が15万以下だったためやる気が出ず、本職が裁縫職人であることもあり相場だけなら美味しいアンフィスバエナにしました。オルフェウスの弓でもいいかと思います。

アンフィスバエナは再生木で数値が

A 110  B 145

C 190

D 145  E 110

BCDの木目が縦、AとEが横です。つまりBとCは流星彫りで効率よく削れます。(主に中盤)

序盤はまず、ACDの縦3列を大昇竜彫りで削ります。その後BとCを流星で削りつつキリのいい数値(3、4、6、13等)が残ったら巻き込んで彫っていき調整していきます。AとEは3倍彫りで対応することが多々ありました。くさびと狙いはほぼ使いませんでした。(弓と棍は箇所が多いので使わない人がほとんどかと思います)

が残ってしまった場合はオーバーさせ再生で再調整できますがそれほど集中に余裕があるわけではないのでその他の箇所と一緒に削ってオーバーさせる場合はいいですが、終盤は割り切ってその他の箇所の誤差で勝負することもでてきます。


 

ポイントは効率のいい特技と相性の良い数字が残った場合は巻き込んでいく形で削っていくことです。例えば序盤の削りでCに6が残った場合Aに大河彫りをすることで6に対してアプローチする、等です。(大河の右逆目は5と8が1/7、6が2/7、7が3/7

その過程でAもなんとなく形が見えてきますのでどんどん調整を広げていく、といった流れになります。

アンフィスバエナは今★2でも黒字という奇跡の相場になっています。(ただし売れるかどうかは知りません)木工は原価が高い割に利率が低めで武器追加時しか普段はやらないのですが、木工ミニゲーム自体は結構好きです。さいほうより細かく刻んでいけますし、彫るときの音もなかなか爽快感があります。

ということで木工をやられるかたは是非参考にしてください。

ブログランキング参加しています。
ドラゴンクエストX ブログランキングへ

 - 職人