ドラクエ10  金策マニアによるゴールドカンスト勢輩出ブログ

裁縫 その他職人の数値と手順、ドラゴンクエスト10攻略情報

スポンサーリンク

精霊王を縫ってみよう

   

精霊王102

精霊王といえば11月にレグナードで未曾有のバブルが到来し私はひたすら精霊王のグローブを縫っていました。★3率はちょうど7割ぐらいで最高連続成功は20回ぐらいだったと思います。

数十針縫って2億ゴールド近く利益を出せました。

今回、自分なりに裁縫を分析してみます。

スケールは月とすっぽんですが裁縫は将棋のようなものと考えています。最初の一手は皆似たような選択をし、中盤に選択肢が増え、そして最後は決められた基準値(この箇所は数値45等)がありますのでまた似たような選択をするようになります。

 

《とこんな例えをしながら私は将棋をほとんどした事がありませんwしかし加藤一二三米長邦雄林葉直子も最初は何れかの歩を出すという大体似たような一手なはずです》

 

裁縫(他の職人もですが)にもこういった基本的な決まり事のようなものがいくつかあり、それと出る数字さえ把握していれば将棋と違いどなたでも慣れで十分な利益を出すことができます。かくいう私も全く上手な方ではありません。ただ慣れただけです。

まず出る数字ですが、

■弱いが6.7.8.9(6だけその他の数字の半分の確率)

■ふつうが12~18

■強いが18.20.21.23.24.26.27

■最強が24.26.28.30.32.34.36

です。

2倍縫い3倍縫い加減縫いもほとんどがこの数字に依存しており、例えば弱いターン加減縫いをすると3.4.5が出ます。その中で3が一番出にくく4が一番出やすい数字となります。更に4は誤差1以内が確定しているため、4は裁縫界で愛される一つの数値となっているのです。(体上は4が複数できると集中的に厳しいのでそれほど美味しくありません)

 

その他にも最強の3倍縫い24の3倍である72が一番小さい出る数字になります。そして会心はその数字の2倍までが出てくれますので、3倍縫いをする箇所が事前に分かっているのであればその箇所を144以下に調整する、という逆算ができるわけです。

(私は精霊王の脚帯を縫う際、最初の最強でくる半減ターンで3倍縫いをしますので、野良会心を考慮しその箇所をできる事なら144以下にしています。)

Colorful numbers background. 3d rendered illustration

そういった数字を多く把握していると、先ほど述べた4のように美味しい数字というのを自然に理解できるようになり、縫っている最中もその辺を見越し逆算できるようになります。

 

具体的にいうと、81は強いの3倍でちょうど出る数字です。それだけでなく強い3倍縫いの81のひとつ下の数値は77で、77が出ると神の数字4ができます。つまり81に強いで3倍縫いをすると2/7で誤差1以内が確定するわけなんです。

しかもこれはただの2/7ではなく、悪魔の数値である誤差2を残す心配も、削りすぎで数値オーバーする心配もする必要がないというお得な2/7なんです。ボクシングでいえば相手のパンチが届かない距離からパンチが打てるようなものです。

ですので81という数字は強いの3倍縫いに対してとても相性がいい事が分かります。(勿論序盤は全体の削りが最重要ですので序盤は3倍縫いの出番はほぼ無いです)その他にも勿論注視すべき数値というものがあり、裁縫はこういった知識の積み重ねでどんどん成功率とスピードを上げれるようになります。

 

職人なんて興味ないという人にはどうでも良すぎる話だと思いますが、これから新装備に乗り込んで利益を出したい方は意識して見てはいかがでしょうか。

 

需要があるかは分かりませんが、具体的な手順に関してもタイミングがあえば自分なりに解説してみたいと思います。

 - 職人, 金策, 雑記